Wee「You Can Fly On My Aeroplane」原盤と再発の聴き比べ

どうも毎度です!!

長年の夢だったWee「You Can Fly On My Aeroplane」の原盤が先の買付けにて入手でき、手元にNumeroから出た再発(私物)もあるので折角なんで聴き比べをしてみたいと思います!!

wee-original-and-reissue

というのも、原盤に針を落とした時に「明らかに再発と音が違う!!」と感じたので、実際どれ位違うのか検証(大げさ!?)してみようと思い立ったわけです。

左右のターンテーブルの針を同じShure M44-7にして、トリムも合わせ、1曲目の「You Can Fly On My Aeroplane」をプレイ。

レベルメーター見るまでもなく、原盤の方が再発に比べ2回りくらい音が大きな印象。

では実際どの程度ちがうのか。

録音して波形を見てましょう。

録音のソフトはPro-Tools。針をいつも試聴ファイルを作る際に使用している、Nagaoka DJ-03HDに替えていざREC。

wee-original-reissure

左が原盤で、右が再発です。

プリセットのGainで+8db上げたのが下の画像です。

wee-original-reissure-gain

一目瞭然の違いですね。

では実際の音はどうか。

下に試聴ファイルを貼ってますので、ご自身でも聴き比べしてみて下さい。

まずは再発を

wee_you-can-fly-on-my-aeroplane-reissue001

You Can Fly On My Aeroplane (Reissue)

次に原盤

wee_you-can-fly-on-my-aeroplane001

You Can Fly On My Aeroplane (Original)

mp3で圧縮(128)しており違いがわかりにくくなっているかと思いますが、それでもこの違いです。

印象としては、原盤の方が各楽器の音色もクリアに聞こえ、音量自体も大きく、聴き比べると差は歴然でした。

再発も千差万別で、原盤とさほど音が変わらないものもあれば、明らかに音が違うものもありますね。

ただこの再発が悪いと言っているわけではなく、この再発には未発表や7inchしか無い音源も収録し、2LP仕様になっている素晴らしい企画だと思います。

やはり、メジャーのバックも無いローカルアーティストが万人の琴線に触れるこのような素晴らしい楽曲を生み出し、しかも素晴らしい録音状態のレコードを作った、という事がいかに奇跡的な事か!!っちゅーことですね!!

Big Respect for Norman Whiteside & Wee Cru!!!!!!!!!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。