BBP のアーカイブ

What’s Your Flavor vol.2

Posted in What's Your Flavor?? with tags , , on 4月 17, 2016 by groovenutrecords

どうもこんばんは!!

意気込んで始めたにも関わらず、すっかり忘れてしまっていた企画「What’s Your Flavor??」が1年のブランクを経てバッカゲン!!

2回目は前回に続き、昨日のレコードストアデイでもインストアDJをして頂いた、DJ Joymen氏にお願いしました!!

アンテナビンビンのディガー諸氏は既にご存知だと思いますが、超イケてるブランド BBP 主宰のパーティー【Strictly Butter】への出演も決定だそうで、氏の活躍にマスマス目が離せないデフ!!

bbp-presents-Stricktly-Butter
BBP presents 【Strictly Butter】
2016.7.29(金) @渋谷Ball
Open:22:00
Charge: 2,000yen(1D)

■Guest DJ
クボタタケシ
DJ HISAYA (from Sapporo)

■Strictly Butter DJ’s
DJ Koco a.k.a Shimokita
DJ Tus-One
Sir Y.O.K.O. PoLoGod.
田我流(still Ichinomiya)
DJ JOYMEN

もち、全員アナログレコードでギンギンプレイ!! 自分もいつか行ってみたいっす!!

そんな氏のフェイバリットレコードやDJプレイ動画がアップされているインスタは要チェック!!!!!

DJ Joymen Instagram

勿の論で、Twitter & Blog もケンフォゲット!!!!

と紹介はこれくらいにして本編行ってみまShow & AG!!!!!!

(以下よりコメントはDJ Joymen氏)

約1年ブリのバッカゲン!
またまたGroovenut Records様から御指名を頂きましたので、デリシャスなレコードたちをよりデリシャスになるよーレコMENしたいと思います!!
Come On, Let’s Go!!!!


1.EPMD / I’m Housin(12)
最TO DA高なアルバム「STRICTLY BIZ」からのカット。SUPER CLASSICをサンプリングしたSUPER CLASSIC。最近ネタの”ROCK STEADY”を7″でかける方が結構いて、ちょっと前より耳にする機会も増えました。が、こっちを知らないor持ってないって方は是非ともこの機会に御購入されてみてはいかがでしょうか?GETした暁には遅れを取り戻す為にも毎日聴いてください。マジで。オレは正気です。


2.Midnight Movers Unlimited / Put Your Mind In Your Pocket(7)
“ROCK STEADY”とセットでかけるコトの多いFUNKYドーナッツ。LARGE PROのサンプリングソースで先日MOBILE MONDAYで本人もPLAYしていたとのコト。曲自体カッコイーので長めにかけるのもアリだし、イントロだけ2枚使いしてのクイックも当然アリ。LARGE教授はどんな風にかけてたんでしょーね?ちなみにシングルONLY。そしてリーズナブル。複数枚在庫あるみたいなので今すぐ2枚使いできますYO!


3.Raul Danks and Stefanianna Christopherson / Danks(LP)
LARGE PROが出演したMOBILE MONDAYはDIAMOND Dもスペシャルゲストだったよーですが、ほとんど2枚でキメてたらしーです!流石ですね!
そんなDIAMOND Dのサンプリングソースがハイった白人デュオのLP。MADLIBも使ってたよーな気がするんだけど、、、未確認ですがEDO.Gも使ってるらしーです。濃いMEN MENを虜にするNICE GROOVE!


4.Temptations / I Need You(7)
DA失恋ソング。劇画風ドラマチックサウンドをバックに想いをギンギンに歌い上げてます。フラれた時はコレを大音量で聴いて、顔で泣かずに腹で泣け!JUST BLAZEがサンプリングしたトコロを2枚使いしまくれば泣いてるヒマもなくなるゼー!手前味噌で恐縮ですが、インスタグラムでオレがニードルドロップしてるのは、この曲のJUST BLAZEがサンプリングしたトコロのすぐあとのトコロです。アソコも大スキ!アソコ大スキー!


5.Shanghai / S.T.(LP)
初めて聴いたのはLORD FINESSEのMIX。まぁ、その時は誰なのか分かりませんでしたけどね。それから数年の時を経て耳にハイってきたのがKING & FINESSEのタイトな1曲。とゆーか何曲かあるKINGのRAPカバー、ヤバイです。聞こえは英語だけど言ってるコトは日本語ってゆーカバー、他にあまりないのでは?JUS MAX!YOURE 音波奴隷!


6.Tyrone Davis / Sexy Thing(LP)
80年に発表した曲のセルフカバー。両方とも浪漫なソウルで、その魅力をバッチリとらえたのがKING & マーチン氏。大人の色気にレイディースはメロメロ。そっからレロレロのペロペロ。ジェニファー・ペロス!ジェニペロ!・・ってこんなコトばっかり書いてるとKINGに迷惑かけてしまうのでもーヤメときます!!BBPBXのズンバグくんが手掛けたMUSIC VIDEOもハンパないので是非&是非!


7.Janet Jackson / Got Til It’s Gone(12×2)
MELLOWなメロにメロメロからドープMELLOWにメロメロ。97年の大HITチューンのJ DILLA RMX。バウンスする極太低音にカチカチスネア。浮遊するJANETのVOCAL。個人的にはORIGINAL VER.よりはるかに大スキです!近年は7″の方がすこぶる人気を博してますが、12″はMOひとつJ DILLA RMXがハイってて、値段もお手頃なのでオススメ!ちなみにPROMO ONLY。


8.Cornelius Bros and Sisters / Big Time Lover(LP)
PETE ROCK feat.ROC MARCIANO”ITS SO G”のサンプリングソース。コレ、ループされたイントロ部分がすぐ終わっちゃうからDJの方は2枚MUST!リーズナブルだし。”AINT NO SUNSHINE”のカバーは高い/安い関係なくヨイのが多いで気になった方は色々チェックワンツーしてみては?エサ箱の中のレコードたちが貴方に見つけられるのを待っています!


9.Fatback Band / Lady Groove(7)
FATBACK BANDもゴキゲンな曲が多いので、当然サンプリングされる頻度もかなりのモンですが、コレはLAKIM SHABAZZネタを探してる時に出会った1枚。タイトなドラムにそれをアオるシンプルなウワモノ。コレだけでもだいぶHIP HOPですが、2枚使いでよりHIP HOP。FUNKにもチョイ遅めのDISCOにもつなげられるブリッジとしても重宝してます。


10.Master Boogie Song and Dance / When The Shit Hits The Fan(12)
ラストは「WEST END RECORDS」のコレ。パーカッションのキいたケーカイBEATにオールドスクール風味な男女混合VOCALがパーティー感を過剰に演出。キー高めの笑い声につられてこっちも笑っちゃえ!イエー!今宵もオーナイローン!!それにしてもコレ、PARADISE GARAGEで聴いてみたかったなぁ、、、しかもステッカー付き!オレのステッカー無いし・・超〜欲しい!!!

DJ Muro 30years and Still Counting 2015.12.19.(Sat) at Grand Cafe Osaka

Posted in Event with tags , , , , , , on 12月 3, 2015 by groovenutrecords

いよいよ本年も最後の月、12月となりました。

1年の総決算なんて言われたりしますが、本年を締めくくるに相応しすぎるスンゴイパーティーが12月19日(土)にGrand Cafeにて行われます!!

それがコチラ、King Of DigginことMuroさんのミックスリリース30周年パーティー大阪場所!!

Muro-30years-and-still-counting-osaka_front

Muroさんに加え、Kocoさん、そして何とアメリカからK-Princeさんが参戦!!

もうこれだけで御祝いに十分かと思いますが、何と何と何とDJ Rockin’ Rob大師匠が降臨!!

Rockin Robさんは、Muroさんが共演を熱望するレジェンドの1人で、パイオニアと呼ばれる人達からもリスペクトを得るスーパーなDJなのです!!

かく言うワタクシもロブ様のDJは生で見たことは無くYoutubeに上がった動画を見るくらいで、恥ずかしながら数年前にK-Prince先輩に教えて頂くまで存在すら知りませんでした…。

なのでロブ様の事をご存知無い方もおられると思いますのでプロフィールを。(King Of Diggin Productionのウェブサイト、BBPさんのブログから拝借)

============================================================
■DJ Rockin’ Rob Profile
「当時ライブのリズムボックスさばきで唯一グランドマスターフラッシュを黙らせた男」という伝説を持つDJロッキン・ロブはブロンクスのモットヘーヴン地区出身で70年代後半のヒップホップ黎明期からThe Original Mean Machineの一員としてシーンに携わる。ジャジー・ジェイやフラッシュらと並びその名を馳せ、かのレッドアラートでさえ一目置く彼のプレイはNYの玄人DJの間では当然のごとく賞賛とリスペクトの対象である。現在に至るまで掘り続けた彼のディープなクレイツからの選曲は誰も聞いたことのないブレイクから定番クラシックまで幅広い。たとえ定番曲といえども「この曲のこの部分をこう使うか!?」という目から鱗のセンスで、他のDJがプレイしない様なポイントをまるでエディットされたレコードを聞いているかの様なスムーズな2枚使いで料理する。そしてマーキングなしの7インチを魔法の様なニードルドロップとクイックミックスで次々と繋げていく巧妙なスキルとテンポの良さは、元ドラマーだけあって確実なリズム感に裏打ちされている。年に一度の夏のパークジャム以外でほとんどDJしない為、彼のプレイを目撃するのはNYでさえも困難である。MUROが数年来最も共演を熱望していたブロンクスのアンダーボスのパフォーマンスを見逃す手はない。
============================================================

言葉でも十分に凄さが伝わるかと思いますが、百聞は一見にしかずというわけで動画も貼っておきます。

ロブ様の動画は観客が携帯で録った動画が殆どで、音がちゃんとしててそこそこ長さがあるのは少ないので下の動画は貴重デス。

超タイト!!!! 早い!!!!! 凄い!!!!!!

個人的にはBiz Markie、Jazzy Jay師匠らが写るコチラの動画がお気に入りデス。

最後にコチラ→ https://www.namm.org/library/oral-history/dj-rockin-rob

動画埋め込め無かったのでリンクですいません。

難度の高いニードルドロップもロブ様にかかればご覧のとおり。人力エディットでございます。

大阪で生ロブ様見られるなんて奇跡と言ってもいいでShow!!

絶対に来てください!!!!!!!!! (前売りチケットのお問い合わせは コチラ)

更には、Ultimate Flea 2015と称し物販も!!

Muroさん & Noriさん主宰のCaptain Vinyl、世界最高峰レコードディーラーK-Prince先輩、この大阪場所を取り仕切るupriseMarketさん、そして弊店が出店します。

弊店ではレコード(7inch 50枚位)を中心に、アー写、プロモシート、カセットテープ、ポータブルプレイヤーなどを出品予定デス。

詳細は追ってお知らせ致します。

儲け無視のお買い得プライスで放出致しますので是非ご期待下さい!!

このような素晴らしいパーティーに参加させてもらえるなんて夢のようです。

誠心誠意頑張ります!!!

皆でKingの30周年を盛大に祝いまShow!!!!!!!!!

Muro-30years-and-still-counting-osaka_back
【Muro 30years and Still Counting】
2015.12.19.(Sat) at Grand Cafe Osaka
Open 22:00
Admission:Ticket 2,500yen +1D, Door 3,000yen +1D

■DJs
Muro (King Of Diggin Production / Digot)
Rockin’ Rob
K-Prince (BBP)
Koco a.k.a. Shimokita

DJ Joymen
Tsugu (upriseMarket)
V-Zone
Ikkei
Nissie
Yasushi (Groovenut Records)

■Ultimate Flea 2015 Osaka
Captain Vinyl
K-Prince
upriseMarket
Groovenut Records

■前売りチケット(Ticket)
ローソンチケット Lコード「57393」
Groovenut Recordsチケット問い合わせ

■Access

Root Down Records and Groovenut Records Opening Party 2010.07.23.(sat) at Sound-Channel

Posted in Event, News with tags , , , , , , on 6月 23, 2010 by groovenutrecords

5/30にオープンされた、公私ともにお世話になっているRoot Down Recordsさんとオープン日が近いという事もあり、共同でオープニングパーティーをする事になりました!

そんなスペシャルな夜を更に盛り上げてくれる素晴らしいGUEST DJをご招待する事が決まりました!

東京からは、泣く子も黙るK.O.D.P.のメンバーでBBP RECORDSからリリースされたMIX CD「SURE SHOT」「SURE SHOT Part.2」が大好評を得ているTUS-ONE氏と、仙台からは国内外からの厚いプロップスを持つDJ/ビートメイカー Mitsu The Beats氏!

TUS-ONE氏はMIX CD「SURE SHOT」ライクな、Mitsu The Beats氏はSoul-Discoセットという事で期待倍増!

更に、関西中古レコード店の先輩方、Bong Funk氏(King Kong / The Ultimate)、Wakita氏(Perfect Pitch Records)
、The Silver Child氏(Vinyl Chamber)の御三方にもお手伝いいただける事となりました!

Good Music Onlyなパーレーになる事は間違いなしです!

是非ともお越し下さい!

rootdownrecords_groovenutrecords_openningparty_2010_07.23_front
rootdownrecordsandgroovenutrecords_openingnparty_back
Root Down Records and Groovenut Records Opening Party
2010.07.23.(fri) at Sound-Channel
Open:22:00
Door:2,000yen/1D

-Guest DJs-
Tus-One(BBP RECORDS / K.O.D.P.)
Mitsu The Beats(Gagle / Jazzy Sport)
Bong Funk(King Kong / The Ultimate)
Wakita(Perfect Pitch Records)
The Silver Child(Vinyl Chamber)

-DJs-
Kazikiyo(Root Down Records)
Mash(Root Down Records)
Cobra(Root Down Records)
Mamoo(Root Down)
Yasushi(Groovenut Records)

-Food-
dubbie pot

-Guest Profile-
djtusone_bbprecords_kodp
DJ Tus-One(BBP RECORDS / K.O.D.P.)

言わずと知れた日本屈指のヴァイナルジャンキー。1989年HIP HOPに出会い、以後ヴァイナルハンティングを通じてそのルーツを掘り続けている。
過去にリリースした『RAP CLASSICS』、『KING OF DIGGIN’ #7』、『YA DIG ?』やDJ KOCOとのスプリット・ミックス『UNTITLED VOL.1』等のMIX音源はどれもクラシックとして高い評価を得ている。
近年にはNY・ブロンクスで発足したクリエイティブ・エージェンシー、BBPBXが主催するレーベルからMIX CD『SURE SHOT』シリーズをリリースし、早くもマスターピースとの呼び声が高い。
ジャンルを越えた、HIP HOPが持つ様々な要素を膨大な知識から繰り出すオリジナルな選曲、そしてそれらをBボーイの代名詞、ギラギラなゴールド・ロープ・チェーンのように一本につなげていくDJスタイルは、まさにプログレッシブ・ブロック・パーティー!

DJ TUS-ONE Blog http://tus-one.blogspot.com/

mitsuthebeats_gagle_jazzysport
DJ Mitsu The Beats(Gagle / Jazzy Sport)

ビートメイカー、DJ、プロデューサー。2003年にソロ・アルバム『New Awakening』をリリース。
海外アーティストと積極的にコラボレーションを行う。2004年L.A「URB」誌で期待するアーティスト100人に日本人で唯一選出される。’09年現在、DJとして地元仙台のレギュラー・イヴェント「Sound Maneuvers」@ADDを中心に、日本全国各地で活動。アメリカやヨーロッパ・ツアーだけでなくアジア圏でも成功し、国内外問わず数々の作品に関わり、そのアーティスト、ジャンルも多岐にわたる。現在は国内外のアーティストのリミックス/プロデュース・ワークや待望の6年振りとなる2枚目のソロアルバム 「A WORD TO THE WISE」を5月27日にリリースし7月には英BBC Radio 1 ジャイルスピーターソン “World Wide” で Mix を披露しLondon, ParisでのDJ ギグやベルギーのDOUR FESTIVAL にも出演し成功を納めた。
9/16 には、Knife Edge移籍第一弾となる待望のGAGLEの4thフル・アルバム ” SLOW BUT STEADY “もリリースされた。2010年7月7日には外部remixをコンパイルした”The Excellence II” (P-VINE)をリリースし8月4日には日本人ラッパーのみをフィーチャリングするもう一枚のオリジナル・ソロ・アルバムの発売も決定している。
www.myspace.com/mitsuthebeats

uprise the show@sunsui and JELLY ROLL@STOMP

Posted in Event with tags , , , , , on 6月 5, 2010 by groovenutrecords

今日は鰻谷sunsuiで行われるuprise marketさん主催のパーティー「uprise the show」と友達のMC JUMBOのリリースパーティー「JELLY ROLL」に遊びにいこうと思っております。

個人的にはuprise the showではkenseiさん&sagaraxxさんのCOFFEE & CIGARETTES BANDが楽しみっ!

JUMBOは自主で刷った7inchを持ってきてくれて、聴いたら予想以上の出来でびっくりしたからライブも楽しみ!

近隣の方は両方とは言いませんがどっちかだけでも行かれると楽しめるかと思いますよー。

thablueherb_coffeeandcigarettesband_uprisetheshow
UPRISE THE SHOW 2010 SUNSUI 5TH ANNIVERSARY SPECIAL

2010.06.05.SAT @SUNSUI

-GUEST-
THA BLUE HERB 

COFFEE&CIGARETTES BAND(B TO B SET)(DJ KENSEI&DJ SAGARAXX)

OBRIGARRD(最狂音術師HAZU&DJ YANOMI)

-LIVE-
NAGAN SERVER

-DJ-
tsugu(uprise market)
zig
ikkei(uprise market)
taizo(mixnuts)
A-KILLER(X-LARGE)

-SPECIAL PARTY FOOD-
マジョラム(味園bld.)

OPEN START:21:00~ ADV.3000YEN(DRINK代別) DOOR.3500YEN(DRINK代別)

jumbo_dagreenslave_jellyroll_stomp
JELLY ROLL
2010.06.05.(sat)@club STOMP
OPEN:22:00-
CHARGE:1,500yen/1d

-Release Live-
JUMBO

-Guest DJ-
ZIMBABWE

-Release Spin-
GAJIROH + B-COSMO from KYOTO

-LIVE-
MAY
JUMANG
HAJIMI
NICKELMAN
DOPE
チプルソ
RIDDLE POSSE

-DJ-
KEITA
MO-RI
イーグル84
FUMIYA

DJ TUS-ONE / SURE SHOT Part.2 -Come Get Ya Some More- (BBP Records)

Posted in DJ Mix with tags , , , on 4月 30, 2010 by groovenutrecords

djtusone_sureshot2_front
DJ TUS-ONE / SURE SHOT Part.2 -Come Get Ya Some More- (BBP Records) 1,600yen

前作「SURE SHOT」にぶっ飛ばされた方も多いと思いますが、待望の第2弾が発売されました!
今作は、前作よりも更に選曲の幅を広げられ、よりカラフルになった収録曲の数々にノックアウトされる事請け合いです。
「ここで2枚かー」とか「この部分使うんやー」といったDJing的な面白さもたっぷりと詰まっており、またまた必聴の1枚です!
個人的な意見ですが、Part.1を聴いてからPart.2を聴くと更に良いのではないでしょうか?

ちなみに、アメリカの某有名DJが来日の際、レコード屋で流れていたこのミックスを「だれの?」と聞いて買って行ったそうです。

是非!

-以下、抜粋-
DJ TUS-ONEがヒップホップ黎明期にブロンクスを発端にニューヨーク中心でスローダウンされていたブロック・パーティーを見事に再現&アップデートした『SURE SHOT』シリーズ、第二弾!!
アルティメイト・ブレイクス&ビーツに収録されたクラシックはもちろん、ペルー産ラテンファンクカバー7、新録ファンク11、激レアオールドスクール15、ノーウェイブ・ファンク17等、長年のディグ活動から得た裏ティメイトな要素をふんだんに盛り込みつつもど真ん中にヒップホップというブッといスジが通ったブレの無さ。
安易なブレイク物やディスコ・ラップ一本やりの既存のミックスCDとは一線を画すクォリティー!耳の肥えたリスナーにもBBPレコーズが自信を持っておススメする一枚です。

-収録内容-
01.I Can’t Stop
02.Heaven & Hell
03.Super Storm
04.Dr.Rock
05.Potential
06.Sessomatto
07.Wild Safari – K-Jee
08.The Meditation
09.Pleasure Boys
10.Rock The House
11.Tour De Mars
12.Let’s Do It
13.Vaya
14.Agent Upstairs
15.Super Jake
16.Tango Hustle
17.Can’t Be Funky
18.Chocolate Jam
19.Lesson 3
20.Hot Wheels
21.Yellow Sunshine
22.E.U. Freeze
23.Morris Cheeba
24.Trouble Funk Express
25.Can I Get An Amen
26.Cuttin’ It Up
27.Let’s Rock
28.Happy Me
29.Only You
30.Do Unto Others
31.Stay With Me

DJ TUS-ONE / SURE SHOT -Tear The Roof Off The Sucker- (BBP RECORDS)

Posted in DJ Mix with tags , , , on 3月 6, 2010 by groovenutrecords

djtusone_sureshot_bbp_front
djtusone_sureshot_bbp_back
DJ TUS-ONE / SURE SHOT -Tear The Roof Off The Sucker- (BBP RECORDS) 1,600yen

この作品はMIX CD CLASSICとなる事は間違いありません!

と、いきなり唐突な出だしですが本気で言っております。
このMIXをはじめて聴いた時は本当に衝撃でした。 個人的に割とメロウ寄りなものを多く聴いていた時期だっただけにそのインパクトも凄く、「こりゃマジでヤバい!!!」ってなりました。
クラシックからUNKNOWNなブレイクまで、バランスも考え抜かれた選曲も勿論の事、使うポイント、ミックス、構成、全てに隙のない、パーフェクトな内容だったからです。
買い付け中のロングドライブではDJ MIXをよく聴くのですが、何度も聴くに連れて個人的な善し悪しがはっきりしてきて、個人的に好きな数個のミックスをずーっと聴いているという感じです。
でも、そういう何度も聴く(聴く事が出来る)ミックスって本当に何回聴いても格好良いし、新たな発見があったりとずーっと飽きません。
本作は、いきなり初登場にして個人的DJ MIX殿堂入りでした。
ヒップホップは1曲も入っていませんが、ヒップホップです。
Kool Herc等に代表されるパイオニア達がブロックパーティーで行っていた、ヒップホップの原点となるものが忠実かつ見事にアップデートされた「ヒップホップ」なミックスなのです。
サブジャンル的に取り扱われている「New School」や「Underground」といったある1時期だけの曲ばかりを聴くのも勿論良いし、ヒップホップ聴くなら「Ultimate Breaks & Beats」から聴きましょうとも言わんけど、そういった音が生まれた背景には「ブロックパーティー」「Old School」なものが必ずあるし、全部繋がっているというのがわかるとヒップホップの魅力が更に増すわけなんです。
だからこそ、ヒップホップが好きであまりこういう趣の曲を聴いた事がない人に特に聴いてもらいたいなーと思います。
ヒップホップなりDiggin’に興味が湧くきっかけとなるような素晴らしい作品だと思います。
是非!

-以下、抜粋-
トラディッショナルなオールドスクール・マナーを確実なスキルで現在に繋げるDJ TUS-ONEが、ヒップホップ黎明期にブロンクス中でスローダウンされていたブロック・パーティーの雰囲気を2008年風にアップデートさせた「SURE SHOT」をBBPレコーズからリリース。アルティメイト・ブレイクス&ビーツに収録されたクラシックスはもちろん、長年のディグ活動から得た裏ティメイトなファンク、ラテン、ロック、ディスコ、新譜等、様々な要素をふんだんに盛り込みつつも、ど真ん中にヒップホップというブっといスジが一本通ったブレの無さ。 安易なブレイクやディスコ・ラップ一本やりの既存のミックスCDとは一線を画する完成度。「オールドスクールのミックスCDなんて聞き飽きた・・」という耳の肥えたリスナーさえも満足させるBBPの指名打者が放つ確実な一打(SURE SHOT)!! (全38曲、62分)

-TRACK LIST-

01 Apache
02 Fire It Up
03 I Just Wanna Do My Thing
04 I Can’t Get Enough of Your Love
05 Dance Girl
06 New Funk
07 Eastward Bound
08 Wheeling and Dealing
09 Have A Nice Day
10 Hustle On Down
11 Community Choir
12 Space Funk
13 Ever Ready
14 2001
15 Cramp Your Style
16 Do What You Gotta Do
17 Love to the World
18 Theme from the Planets
19 Shaft In Africa
20 Getting Uptown
21 Street Man
22 Love the Life You Live
23 Hillbilly Jam
24 We the People
25 El Mexicano
26 Chimp On Baboon
27 Sack of My Own
28 I Got the Feeling
29 Hippy Skippy Moon Strut
30 Soul Makossa
31 Bonus Beats
32 Tribute To Scratchin’ Part 2
33 Hire A Mover
34 Misdemeanor
35 Car Service
36 Gotta Learn How To Dance
37 Music, Harmony & Rhythm
38 High Society