What’s Your Flavor?? vol.1 DJ Joymen

どうもこんにちは!!

いきなり始まりました、自分がフィール/リスペクトするDJ/ビートメーカー/コレクターの方々に、弊店の商品の中からレコメンドをチョイスしてもらう企画「What’s Your Flavor??」。

記念すべき第1回目は、ワールドワイドなナイスグルーヴをキーポンディギンしているパイセン、DJ Joymen氏!!

45sを中心としたプレイで近畿を軸に北陸、東京など各地のパーティーピーポーをキープロッキンするグレイトDJ!!

ヒップホップは勿論、元ネタとなったソウル/ファンク/ジャズ/ディスコ/ロック/ブラジル/ラテンなど、幅広い音楽に造詣の深い氏の膨大で濃厚なヴァイナルコレクションより繰り出されるマチガイナイ選曲とグルーヴ感に溢れた2枚使いは必聴DEFFFF!!

氏のDJプレイなどの活動の情報はTwitterやブログで配信されておりますyo!!

Check Da $hit!!!!!

DJ Joymen Twitter

DJ Joymen Blog

氏のMix CDもYo! Check!!


DJ Joymen / Trees Classic Vol.2

それでは早速レコメンに移りましょう。コメントもJoymen兄さんです。


Dunn Pearson Jr / Groove On Down(7)

12″はチョイ高価&チョイレアだけど7″だったらお手頃!って、7″ディグの醍醐味のひとつだけど、そーゆー意味でも熱烈大スイセンな1枚。
イントロからグイグイ走るグルーヴ。高揚感溢れるサビ。途中のブレイクと立ち上がりもバッチリ!自分、バッチリ2枚でキメてます!でも・・・12″も2枚欲しいYO!!


Skyy / Call Me(12)

RANDY MULLERはNICE WORKSがとても多いけどMY FAVOURITEはコレ!7″も12″もLPも2枚ずつ持ってるんで、各フォーマットで2枚使いを試した結果、オレ的にはこの12″がBESTでした。
GRAND MASTER FLASHによる後半のプッシュフォン・ブレイク2枚使いがケンフォゲット!OC(DITC)も昔、サビを変え歌にして歌ってました。


O.S.T. / Hell Up In Harlem(LP)

DIAMOND D(DITC) & MURO、DILATED PEOPLES & ALC、そしてICE-T・・・マチガイナイMEN MENがサンプリングした「EASIN IN」収録。原曲の良さをギンギン残しつつも、チョップ&フリップ、強化した低音でキメるDIAMOND WORKSに激フィール!
でもICE-Tのゴージャス・ワイフもスキなので「HIGH ROLLERS」も大スキー!


Oliver Sain / Blue Max(LP)

サウンド、ルックス(裏ジャケ参照)ともに地方感ギンギン。アーバンな洗練さはナイけど美味しい郷土料理みたいなカンジ?あの・・・決してバカにしてるんじゃナイですからね!MADLIBがサンプリングした「PARTY HERATY」、かなりゴキゲンで大スキDEF!あ、ODS(CLC)もMADLIBとおんなじトコロをサンプリングしてました。


Kool & The Gang / Music Is The Message(LP)

ヒップホッパーにとってはJB〜JBsと同じくらい重要なグループ。「ウワーカッコイー!」「あっ!コレってアレじゃん!」みたいのの連続。しかもサンプリング・ソースじゃなくてもカッコイーのがワンサカ。JOE BUDDEN、STYLES Pネタの「SOUL VIBRATION」、NICE COVERの「STOP,LOOK AND LISTEN」などなどリスニングに良し、DJプレイに良し、サンプリングにも良しのCLASSICオブCLASSIC。


Gonzalez / Haven’t Stopped Dancing Yet(12)

2枚使いといえばコレ。B-BOYブレイク〜DISCOブレイク定番シット。
個人的な意見なんですが、ブレイク部分しかスキじゃないのでそこしかかけません。となるとやはり視認性からいって12″のプレイがBESTになります。しかもリーズナブル。
彼ら、他にもNICEな曲があるんで気になった方はチェックワンツーしてみるのもイーと思いますYO!


Roy Ayers / Love Will Bring Us Back Together(7)

MY SUPER HEAVY PLAY DONUTS!ROY AYERSはゴキゲンなシットが多数ありますが、フロアでの爆発力でいくとコレと「RUNNING AWAY」だと思います。
イントロをサンプリングしたR&Bがあったハズだけど思い出せないので気になった方は世界のグーグル先生に教えてもらってください。


Lowrell / Overdose Of Love(12)

メロウディスコの名曲「MELLOW MELLOW RIGHT ON」で知られるEUGENE RECORD絡みのグループ、LOWRELLのアナザークラシック!!(GROOVENUT RECORDSのサイトから引用)。
でもこちらは同じMELLOWでもBITTERとゆーか哀愁のADULT FLAVA。チョイエロなカンジだけど、しつこくなくてスムース。「もっとドギツイの頂戴!」ってレディの方には物足りないかも。。。


Tamiko Jones / Touch Me Baby/Creepin(7)

超〜NICEなMELLOWチューン。こちらもドギツさはナイけど、甘くてエッチなVIBESがビンビコビンなので、大人の女性にもウケが良さそう。エスイーエックスのイントロ、2回戦突入前のスキットにどーぞ。コレも誰かのサンプリング・ソースだったハズ。


Johnny Bristol / Do It To My Mind(7)

「TOUCH ME BABY」つながりでJOHNNY BRISTOLのコレ。大人特有の余裕を漂わせてます。SEXYな男の魅力ってヤツですかね?子供なオレはたまにしか聴きませんが、たしかMEMPHIS BLEEKのネタだったよーな・・・。MEMPHIS BLEEKは大名曲「I WOULDNT CHANGE A THING」も使ってるんで気になった方はチェックワンツーDEF!

以上がDJ Joymen氏のレコメンドディスクでしたー。

楽しんで頂けたでしょうか!?

気に入ったレコがあれば是非ポチっちゃって下さい!!

このコーナーは不定期ですが適当に更新していきたいと思っております。

それでは次回をお楽しみに〜。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。